3月 菌床しいたけ

IMG_0629.JPG  まず初めに明るく撮影していますが、室内は相当暗いです。
 菌床させるためには適度な暗さと湿度が要求されます。そのため、
 建物の構造が菌床に適合するように改築されています。例えば、
 菌床に欠かせない水や湿度に耐えうる構造になっており、菌床の
 段階ごとに部屋別れしていて、窓部分には目張りがされています。



IMG_0665.JPG  菌床させるしいたけ菌にも沢山の種類があり、今まで試行錯誤しながら、
 様々な品種を育てて、発育状態や味、色、見た目なども含め、
 現在出荷しているしいたけ菌に辿り着いたそうです。
 それでも飽くなき菌床改良を繰り返し行い、日々暗い室内でしいたけ
 菌と対話しながら、黙々と栽培されておられます。



IMG_0663.JPG  見てお察しの通り、かなり根気がいる作業ばかりです。
 見た目以上に過酷で、暗さに慣れるだけでも相当の時間が必要です。
 そこに合わせて、高い湿度の中で作業するとなると慣れというよりも、
 向き不向きが存在する農業だと自らの体をもって実感しました。
 体力、気力を併せ持ち、丁寧な栽培を志す古田さんには脱帽しました。